産地

自慢の活魚は「豊後・蒲江」から直送

居酒屋「大漁市場なるみ乃」を福岡に2店舗展開する「なるみ乃グループ」。運営会社である丸吉水産と鳴海運輸が、連携して仕入れから輸送までを行い、鮮魚を活きたままの状態で各店舗へ届けます。もとは卸として始めた会社でしたが、豊後水道で獲れる美味しい魚をより多くの方に召し上がってほしいと考え、福岡にオープンさせたのが「大漁市場なるみ乃 春日店」でした。今では地元の方はもちろん、多くのお客様にご愛顧いただいております。 出張や旅行で福岡へお越しの方は、ぜひ大漁市場なるみ乃 春日店、薬院店へ。

なぜ旨い!?豊後の魚

一黒潮が運ぶ鮮魚

黒潮が流れ込むリアス式海岸が広がり、豊かな漁場がある蒲江町。豊後水道に面しているため、アジやサバがよく獲れますが、実はその他の鮮魚も豊富に獲れる「魚の宝庫」です。

二干満活動

太平洋の暖かい海水と、冷たくて栄養分豊富な瀬戸内海の海水が豊後水道で混ざり合う干満活動。この海水の動きによって、食物連鎖の根幹と言えるプランクトンが大発生し、これを餌とする甲殻類やイワシ類の群れが多く集まり、さらにその群れを目掛けて真鯛やアジ、サバ、ブリなどの大型魚が集まります。

三一本釣り

アジやサバに代表される青ものは一本釣りにより漁獲。釣り上げる時間が僅か数分間であり、活魚船倉は暗くて適度に狭いため、多少のストレスがあってもエネルギーを使用しません。また、大量に漁獲することのできない一本釣り漁なので、魚同士が過密状態となって傷ついたり、酸欠の心配もなく、鮮度が落ちるリスクが少ないのが特徴です。

  • 魚介
  • 刺身
  • 刺し盛り

最上部へ